過敏性腸症候群(IBS)・頭痛・生理痛・腰痛・五十肩・座骨神経痛・腱鞘炎|横浜・保土ケ谷・天王町

過敏性腸症候群・疼痛治療の元氣堂鍼灸院|横浜・保土ケ谷

めまい


40代 女性
3月下旬。来院の2~3日前から、ぐるぐる回るめまいがする。朝、起床時に頭を持ち上げるときに著しい。寝返りでも悪化する。まだ病院には行っておらず、詳しい検査は受けていない。数回の鍼灸治療で症状が改善しなければ、受診するつもり、とのこと。普段から頭痛を起こしやすく、頸も痛くなりやすい。とくに頸は痛くなにか張り付いている感じがしている。

 

春季には、自然界と同調するように肝気が旺盛となる。この患者さんの場合は、肝気が素体の痰を上衝させて起こった症状ととらえ、肝気を鎮めるような鍼灸の治療を行うことにした。3回の治療を一日置きに行うと、頸の痛みは半減した。めまいは同様にある。治療を始めて、10日すると、朝、起き上がるときに、めまいを意識しないようになる。日中にはめまいが残る。頸の症状は、7割改善している。その後の3週間の治療で、症状がピタリと止んだ。その後2週間を経過して、症状が現れないことを確認して、治療を終えた。

 

 

治験例 体質改善 治験例   コメント:0

この記事に関連する記事一覧