過敏性腸症候群(IBS)・頭痛・生理痛・腰痛・五十肩・座骨神経痛・腱鞘炎|横浜・保土ケ谷・天王町

過敏性腸症候群・疼痛治療の元氣堂鍼灸院|横浜・保土ケ谷

夜泣き


1歳 男児

 

夜中に何度も起きて泣き叫ぶ。ひどい夜は一時間おきに朝までこの状態が続く。そのときの泣き方が尋常ではなく、家族がみな起きてしまうほど。泣く、というよりも何かにおびえて泣きわめく、といった感じ。このままではそれぞれの家族の生活にもさし障りがある。男児の母が藁にもすがる気持ちで来院された。男児は保育園に通っており、食欲もある。ただし、風邪をひきやすく、来院日にも咳と鼻水を呈していた。ほかに目立った症状はない。

 

小児鍼は痛みをともなわない。軽度の刺激のあるローラーでからだの一定の方向に刺激を加えて、小児の不安定な“気”を安定させるために有効な治療法である。治療は5分ほどで終わり、まったく痛みをともなわない。その後、背中のツボにお灸を一壮すえて終えた。また、ご自宅でもできるようにローラーとお灸する位置を指導して、その日はお帰りいただいた。

 

ひと月後に来院されたので様子をうかがうと、治療した日から劇的に良くなったとのこと。授乳のために夜中に起きるが、泣きわめくことはまったくなくなった。ときどき小さな声で泣く程度ですぐにまた眠りにつくとのこと。また、しょっちゅう風邪をひいていたのだが、それもなくなった。東洋医学の治療効果に家族のみなが驚いているとのこと。このように症状の軽重にもよるが、小児鍼の効果は早く、それでいて持続的である。

 

治験例 体質改善 治験例   コメント:0

この記事に関連する記事一覧