過敏性腸症候群(IBS)・頭痛・生理痛・腰痛・五十肩・座骨神経痛・腱鞘炎|横浜・保土ケ谷・天王町

過敏性腸症候群・疼痛治療の元氣堂鍼灸院|横浜・保土ケ谷

妊娠・出産のための体づくり


症例) 30代後半 女性
結婚して5年。2年前に6週での流産を経験している。年齢的に30代の後半にさしかかってきたこともあり、半年前から婦人科で不妊に関する検査を受けることにした。そこでは夫婦ともに妊娠するにあたり器質的に大きな異常がみられなかったので、今のところタイミング療法を行っている段階。できるだけ自然なかたちでの妊娠を望んでおり、漢方薬も3か月前から服用している。生理痛はほとんどないが、ときどき不正出血することがある。パートナーの精子にも異常はみられない。

 

時間的に不規則な仕事をされており、身体は疲れ気味。ストレスは常に感じている。そのようにストレスでイライラするときには、甘いもの(好きなチョコレート)に頼ってしまう。年齢的に30代の後半にさしかかってきたこともあり、腎気を調節する治療に加えて、疲労回復、およびストレスで悪化した気の流れを快復することを目標に治療を行った。それとお腹に触れると、下腹部が冷えていたので、その部分をとくにお灸で温めるようにした。生理の前後に鍼灸治療を行うことにしたが、すぐにそれまではあいまいだった高温期と低温期の差がはっきりとしはじめ、不正出血も見られないようになってきた。自宅でもお灸をしていただくことにしたが、徐々に手足の冷えも改善してきた。鍼灸治療を始めてから5か月後に妊娠検査薬と基礎体温表で妊娠を確認することができた。その後も出産まで三陰交のお灸を継続していただき、無事に出産することができた。このようなケースは男女ともに年齢的にも比較的に若く、条件が整っていたからこその結果である。不妊治療はこのようにハッピーエンドのことばかりではない。
不妊治療に関して、鍼灸や漢方薬にできることは、とても狭い範囲に限定されている。たとえば排卵を誘発したり卵管を通すとか人工授精、顕微授精などはまったくもって手がとどかない。不妊専門医の為すべきところにある。ただし、鍼灸や漢方薬には、それらの西洋医学的な治療により、疲弊した心身の回復、基礎となる男女の体力づくり、女性の生理周期の乱れを改善してメリハリのある生理周期に近づけること、ストレスによる気滞の解消などさまざまな貢献ができる。不妊治療の現状をみると、西洋医学的な治療は突き進む感じで、頼りがいはあるが、それだけに心身の消耗もいちじるしい。東洋医学は地味ではあるが縁の下の力持ち的な存在でしっかり消耗された体をサポートできる。

 

治験例 治験例 生理痛   コメント:0

この記事に関連する記事一覧