過敏性腸症候群(IBS)・頭痛・生理痛・腰痛・五十肩・座骨神経痛・腱鞘炎|横浜・保土ケ谷・天王町

過敏性腸症候群・疼痛治療の元氣堂鍼灸院|横浜・保土ケ谷

後頭部の重み


30代 女性
3週間前に階段を下りているときにすべり、右腰を強打した。その翌日から、右の半身にしびれが生じた。症状は手足におよび、2週間続いた。そのしびれが治ってからは、後頭部に重みが出てきた。重みは1週間続いている。押さえつけられるようで、ズーンとしている。整形外科で検査を受けたが、目立った所見はみられなかった。そのつらさに耐えられず、来院された。

 

後頭部のとくに右側を中心にこりができていた。階段をすべったときに後頭部に負担がかかり生じたものと判断した。なお、この方はふだんから肩こり、目の疲れがあり、それらの症状は慢性化しているとおっしゃっている。
治療は、手足の要穴、後頭部、頸部、肩甲骨の周りの反応のあるところ、腰部を中心に行った。一回目の治療の後、2~3日は変化がなかったが、その後徐々に回復して、症状の4割が改善した。一週間後に2回目の治療を行い、同様に治療すると、その翌日、かなり後頭部が重くなり、一日中つらかった、とおっしゃる。しかし、その翌日からうそのように軽くなり、9割の症状が改善した。3回目の治療をその一週間後に行ったところ、初診時にできていた後頭部のこりはほぼ消失していた。この治療の後、もし悪化するようなことがあればまた来ていただくこととして、治療を終えた。その後、症状の悪化はない、との連絡をいただいている。

 

治験例 慢性頭痛 治験例 治験例 肘・腕の痛み   コメント:0

この記事に関連する記事一覧