過敏性腸症候群(IBS)・頭痛・生理痛・腰痛・五十肩・座骨神経痛・腱鞘炎|横浜・保土ケ谷・天王町

過敏性腸症候群・疼痛治療の元氣堂鍼灸院|横浜・保土ケ谷

脊柱管狭窄症・歩行困難


70代 女性
歩くときに足が痛く、200mほど歩くと休まずにはいられない。痛む場所は右足で、とくに膝から下の側面やふくらはぎに症状が強い。座っている姿勢から立ち上がるときにも痛みを発する。医師の診断を受けると、MRI検査では脊柱管の狭窄がみられたが、すぐに外科的な処置を要するものではないとのこと。

このところ足腰が衰えたような気がしており、数か月の間に三回転んだ、とおっしゃる。
また、この症状が現れるまでは、腰が痛い、と思ったことはなかったが、最近は重く痛い気がする。
血圧が高く、降圧剤、コレステロール降下剤、睡眠導入剤を服用している。

 

週に一度の治療を始めたところ、徐々に痛みを発するまでの歩行の距離が伸びていく。

一か月ほどすると、痛みを感じることなく、15分ほどで約一キロメートルは歩けるようになる。
痛みの症状は、一進一退をくりかえすが、治療を始めて3か月になると、突如痛みがなくなる。
ご本人は半信半疑で、また痛くなると困るので、さらに2週間の治療を継続して行ったが、症状が現れないので、治療を終えることにした。

このように脊柱管の狭窄があっても、痛みが改善したり、消失する場合はある。

 

治験例 治験例 腰部脊柱管狭窄症   コメント:0

この記事に関連する記事一覧