過敏性腸症候群(IBS)・頭痛・生理痛・腰痛・五十肩・座骨神経痛・腱鞘炎|横浜・保土ケ谷・天王町

過敏性腸症候群・疼痛治療の元氣堂鍼灸院|横浜・保土ケ谷

過敏性腸症候群


40代 女性
お腹の張りと痛みがつらい。20代の頃から良くなったり悪くなったりをくりかえしてきたが、ここ2~3年、症状が悪化してきている。便は下痢するほうではなく、どちらかといえば便秘がち。つい最近人事移動があり、それにともなう席替えでお腹の張りと痛みがいちじるしく悪化するようになった。3年前に、内科を受診して、内視鏡の検査をしたところ、器質的な異常はないとのこと。西薬を服用していたが、効果がないので現在は止めている。食欲があまりないのでどんどん瘦せてきており、それがとても心配。ベストの体重から5キロ以上落ちてしまったため、もう少し体重を増加させたい。目をよく使う仕事のため、くびや肩が常にこっている。

 

もともと胃腸の働きがそれほど強くない方は、環境の変化などのストレスがまっすぐにお腹に変化をもたらせやすい。この方の治療に際して、一番大切だと感じたのは、まず食欲を回復させること。体重が5キロ以上落ちてしまっているので、まずは食欲を回復させて、体力を向上させることを目標に治療を行うことにした。朝食のトーストとサラダをごはんとお味噌汁に変えていただき、一週間に一度の鍼灸治療と自宅での灸を2か月継続すると、体重が1.5キロ増えた。お腹の張りや痛みも午前中にはほとんど感じない。ただし昼食後にお腹の張りと痛みが少しずつ出てくる。その後しばらくの間、小康状態が続いていたが、治療を始めて半年ほどすると、一週間のうちに2~3日、お腹の張りをほとんど感じない日があるようになってくる。便秘がちだったお通じも改善し、だんだん体力もついてきており、休みがちだった会社も休まないで行けるようになってきた。治療を始めて1年が過ぎたころ、患者さんの口から「あきらめなくてよかった」という言葉が発せられた。持病のように長く付きまとう疾患も、鍼灸の治療をこつこつ続け、食事を変えることで治っていくことを実感したからこその言葉であったように思える。くびや肩のこりも以前のようにつらくなく、体重もさらに増加して体調が安定してきている。まだ鍼灸治療は継続しているが、症状のほとんどは緩解しており、疲労回復と再発の防止のための治療を3週間に一度行う程度まで、快復をみせている。

 

治験例 治験例 過敏性腸症候群 (IBS)   コメント:0

この記事に関連する記事一覧